カードローンの利用者は幅広い

カードローンを愛用している人は普通の会社員ばかりではありません。公務員の方や、アルバイト学生、主婦まで色々な方が色々な目的で利用しています。働き盛りの年代の利用が最も多くなっているものの、20代前半くらいの方も多く利用していますし、60歳くらいの方も利用しています。

 

とはいえ、いくら幅広い年代で利用されているといっても、10代の方や、70代以上の方の利用はできない決まりとなっています。ですが、大学生でも二十歳を超えていて、バイトして収入が安定していれば利用可能だという事実には驚きました。

 

色々なカードローンがありますが、私は金利の安い銀行カードローンが一番お気に入りです。

キャッシング枠はいつ復活するの?

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が設定されています。ショッピング枠と言うのは、実際に買い物や飲食店などの支払いの時に利用できる金額の枠のことです。そして、キャッシング枠と言うのは、お金を直接借りて引き出すことのできる金額の枠のことです。

 

今回は、この2つの枠のうち、キャッシング枠についてご説明します。まず。現在、クレジットカードに対する法律が変わり、年収の1/3しか借りることができなくなりました。この法律実施されるようになったのは2010年の6月です。

 

もしも、それ以前にクレジットカードのキャッシングを利用していて、年収の1/を超えている場合、利用を停止する処理を行っているようです。

 

キャッシング枠の範囲内で、お金を使うことができるのですが、その上限を超えてしまった場合、利用ができなくなります。そして、そのような時は、利用した分を返済することで、キャッシング枠が復活します。

 

例えば、キャッシング枠が5万円の場合について、ご説明します。現金を5万円引き出したら、キャッシング枠は5万円なので、枠は0になります。しかし、5万円を返済すると、キャッシング枠は、再び5万円になるのです。

 

また、5万円を返済してから2〜4営業日で、返済したことが反映されるようなので、その間は利用することができない場合がほとんどです。つまり、キャッシング枠は、利用した分をきちんと返済すれば、何度でも利用することができる大変便利なものなのです。

メイク用品ってお金がかかります

メイク用品にお金をつぎ込み過ぎるとお金が貯まりません。メイク用品って結構高いので、たくさん買わなくても一つ二つ買っただけでお財布の中身が寂しくなります。

 

女性ならこういうことで悩んでいる人が多いはずです。チープなメイク用品を買えるような年齢じゃなくなると、そこそこのメイク用品を持っていないと体裁が悪いと考えてしまいます。

 

そうなるとメイク用品にお金がかかるので、自転車操業のように働いても働いても追いつかなくなるのです。

更新履歴